メニュー

運動療法

透析中の運動療法

ひと昔まえまでは透析中は安静にしていることが望ましいと言われていました。しかし最近、透析中の運動が様々な良い効果があるという報告が増えてきました。

米国で出された透析患者に関するガイドラインでも「毎日ではなくても週の大部分で、強度が中程度の運動を1日30分間実施すべき。」という記載もあります。

日常生活動作(ADL)の向上による死亡率の低下、栄養状態の改善、また透析効率の増加、など様々な利点が透析中の運動療法にはあります。

てらすエルゴ

DSC01797

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME